コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

PET検査用語集の解説

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

がんの治療法の一つ。PETの原理を利用してがん細胞だけに特殊な薬剤(アミノ酸)をとりこませ、その部分に熱中性子という放射線を照射します。がん細胞 だけに取り込まれた薬剤にはホウ素が含まれていて、これが熱中性子とぶつかると核反応を起こし殺傷能力を持ったα線が放出されます。このα線が飛ぶ距離は 数ミクロンという短い距離で、これががん細胞だけを選択的に破壊すると言われています。外科手術の難しいがんに有効とされる治療法ですが、まだ新しく一部 の病院で限られた場合にのみ実施されています。

出典|PET検査ネットPET検査用語集について | 情報

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )の関連キーワードポリエステルFDGPET-CT慢性疲労症候群アミロイドPETPET陽電子放射断層撮影医療被曝PETとCT分子イメージング

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android