コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

1件 の用語解説(BNCT(ホウ素中性子補足療法 )の意味・用語解説を検索)

PET検査用語集の解説

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

がんの治療法の一つ。PETの原理を利用してがん細胞だけに特殊な薬剤(アミノ酸)をとりこませ、その部分に熱中性子という放射線を照射します。がん細胞 だけに取り込まれた薬剤にはホウ素が含まれていて、これが熱中性子とぶつかると核反応を起こし殺傷能力を持ったα線が放出されます。このα線が飛ぶ距離は 数ミクロンという短い距離で、これががん細胞だけを選択的に破壊すると言われています。外科手術の難しいがんに有効とされる治療法ですが、まだ新しく一部 の病院で限られた場合にのみ実施されています。

出典|PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )の関連キーワード胃洗浄水治療法電気療法パスカルの原理物理療法温熱療法運動療法理学療法

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone