コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BOT方式 ビーオーティーほうしきbuild, operation & transfer system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BOT方式
ビーオーティーほうしき
build, operation & transfer system

プラントの建設だけでなく,一定期間の操業まで投資企業が請け負い,その間の収益で投下資本を回収し,その後に当該プラントを相手国に引き渡す方式発展途上国にとっては,公的借り入れを増やさないでプロジェクトを進め,先進国企業による運営を通じて技術移転が期待できるというメリットがある。しかし,途上国政府による保障があるわけではなく,投資企業は運営にかかわるリスクを負って,投下資本の回収が必要なため,この方式に合うような収益性の高いプロジェクトには限界がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビーオーティー‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【BOT方式】

build, operate and transfer》外国企業が相手国から土地を提供してもらい、工場などの施設を建設して一定期間運営・管理し、投資を回収した後に、相手国に施設や設備を委譲する開発方式。新規に債務を生じさせない開発途上諸国への協力方式。また、民間資金を活用したPFI事業で、民間事業者が公共施設等を建設して管理・運営し、事業期間終了後に国や自治体に所有権を委譲する事業方式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

BOT方式の関連キーワードアンモニア工業

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BOT方式の関連情報