コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSデジタル放送 BSでじたるほうそう/びーえすでじたるほうそう

知恵蔵の解説

BSデジタル放送

BS放送」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビーエス‐デジタルほうそう〔‐ハウソウ〕【BSデジタル放送】

BS digital broadcasting》⇒デジタル衛星放送

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

BSデジタル放送【ビーエスデジタルほうそう】

デジタル放送

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BSデジタル放送

2000年12月より開始された衛星デジタル放送サービス。NHK、民放5社、WOWOWなどのテレビ放送をはじめ、データ音声も放送している。受信には専用のBSデジタルチューナーかBSデジタルテレビが必要となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BSデジタル放送
びーえすでじたるほうそう

放送衛星(BS=broadcasting satellite)を経由し、地上波よりも広域に送信できるテレビ放送サービス。2000年(平成12)12月に放送が始まった。BSアナログ放送を行っていたNHK、有料放送のWOWOW(ワウワウ)に、在京民放キー局5社が加わるなど12チャンネルだったものが、2011年10月に有料チャンネルの拡大で24チャンネルとなり、CS(通信衛星)放送事業者のスカパーJSATなどが参入した。さらに2012年3月に「ディズニー・チャンネル」など7チャンネルが加わる。2011年7月の地上アナログ放送の停波(東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県を除く)と同時にBSアナログ放送も終了し、BS放送の完全デジタル化が完了した。テレビ放送と同時に2000年12月にスタートしたBSデジタルラジオには23チャンネルが参入したが、2007年までにすべて放送を終了、2011年に放送大学が参入し唯一の事業者となっている。[乾 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

BSデジタル放送の関連キーワード110度CSデジタル放送デジタルハイビジョン放送マスメディア集中排除原則テレビジョン史(年表)マルチチャンネル放送デジタル放送推進協会チャンネルプランBMPEG2立体映像テレビスピルオーバーストリーム配信情報コンセントビットレートリモート視聴ダビングテンダビング10CATV広告コピーワンス110度CS

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android