コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BTX びーてぃーえっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BTX

インテルが提唱するマザーボードの統一規格。CPUやビデオチップの高速化に伴う発熱量の増加に対応するため、従来のATXに比べて放熱性を重視した設計になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ティー‐エックス【BTX】[benzene, toluene, xylene]

benzene, toluene, xyleneベンゼントルエンキシレン

ビー‐ティー‐エックス【BTX】[balanced technology extended]

balanced technology extendedPC/AT互換機用のマザーボードの規格の一。米国インテル社が2003年に発表。1996年に同社が発表したATX仕様の後継として登場。発熱対策などが施されている。より小型化したmicroBTX、さらに小さいpicoBTXなどの派生規格がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BTX
ビーティーエックス

芳香族炭化水素のベンゼントルエン,キシレンの総称。頭文字をとって略称としたもの。または,これらの物質から成る沸点 80~150℃の混合油分。 BTX留分などともいう。石油化学工業用の原料として不可欠のものであり,エチレンベースナフサ分解によって派生的に発生するガスから生産されるほか,改質ナフサからも生産される。ほとんどが石油ナフサの分解によって製造される。 BTXは溶剤として使われるほか,合成樹脂,繊維などの原料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

BTXの関連情報