BTX(読み)ビーティーエックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BTX
ビーティーエックス

芳香族炭化水素のベンゼントルエンキシレン総称頭文字をとって略称としたもの。または,これらの物質から成る沸点 80~150℃の混合油分。 BTX留分などともいう。石油化学工業用の原料として不可欠のものであり,エチレン・ベースのナフサ分解によって派生的に発生するガスから生産されるほか,改質ナフサからも生産される。ほとんどが石油ナフサの分解によって製造される。 BTXは溶剤として使われるほか,合成樹脂,繊維などの原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ティー‐エックス【BTX】[benzene, toluene, xylene]

benzene, toluene, xyleneベンゼントルエンキシレン

ビー‐ティー‐エックス【BTX】[balanced technology extended]

balanced technology extendedPC/AT互換機用のマザーボード規格の一。米国インテル社が2003年に発表。1996年に同社が発表したATX仕様の後継として登場。発熱対策などが施されている。より小型化したmicroBTX、さらに小さいpicoBTXなどの派生規格がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

BTX
ビーティーエックス

ベンゼン,トルエン,およびキシレンの総称.石油化学工業原料として,この略称が多く用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android