CASE(読み)けーす

知恵蔵「CASE」の解説

CASE

Connected(コネクテッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared/Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電動化)の頭文字をとった造語で、自動車の概念を大きく変える技術革新を示す。CASEは、ダイムラー社のディーター・ツェッチェ会長(当時)が、2016年のパリモーターショーで発表した中長期戦で提唱したのが始まりとされている。
CASEの「Connected」では、IoT(モノのインターネット)で自動車をインターネットにつなぎ、車両の状態や、周囲の道路状況などのデータを取得・分析することで、自動車の新たな価値を生み出す。トヨタでは、19年11月より、ワイパーの稼働状況データを実際の気象データと照らし合わせ、雨雲レーダーだけでは分からない降水状況を把握するための実証実験を行っている。
「Autonomous/Automated」は自動運転を指す。日本では、自動運転のレベルを0~5で定義しており、レベル3以上なら自動運転と呼べる。レベル3は、高速道路などの条件のもとで自動運転を行い、緊急時には人間が運転を行う「条件つき運転自動化」とも呼ばれるレベルで、トヨタ・日産では、レベル3の実現時期を2020年に設定している。
「Shared/Services」は、自動車の稼働状況を管理して、貸し借りや共有を行うこと、また、それらに関するサービスなどを指す。自動車を個人で所有することがなくなれば、自動車の維持費や駐車場の確保などといった経済的な負担も軽減される。
「Electric」は、電気自動車(EV)や、外部から充電できるプラグインハイブリッド(PHV)に代表される電動モーターで駆動する自動車のことで、自動車の電動化を指す。ヨーロッパ諸国の一部や中国では、ガソリンやディーゼルで駆動する自動車の新たな販売の禁止政策を進めている。

(横田一輝 ICTディレクター/2019年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディア「CASE」の解説

CASE【ケース】

computer aided software engineeringの略で,コンピューター支援ソフトウェア工学とも。ソフトウェアの開発において,要求分析から設計,保守まで全面的にコンピューターを利用することで,生産性や品質向上,開発期間の短縮などを目指す。開発過程で生成されるデータ,プログラム文書などを標準化して共通データベースに蓄積し,閲覧や再利用を容易にすることが必要。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「CASE」の解説

CASE

ソフトウェアの開発を容易にするための技術の総称で、エディターデバッガーなどのソフトウェア開発支援ツールの開発や、必要な情報を与えるだけで自動的に目的のプログラムを作成するプログラムの開発などが含まれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のCASEの言及

【ソフトウェア工学】より

… ソフトウェア開発をコンピューターシステムで支援することが1980年代から盛んになった。これをCASE(Computer Assisted Software Engineering)とよぶ。それぞれの仕様書の図面や文書の作成や,データベース管理をコンピューター上で支援する。…

※「CASE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android