コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CASE けーす

3件 の用語解説(CASEの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CASE

ソフトウェアの開発を容易にするための技術の総称で、エディターデバッガーなどのソフトウェア開発支援ツールの開発や、必要な情報を与えるだけで自動的に目的のプログラムを作成するプログラムの開発などが含まれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケース【CASE】[computer-aided software engineering]

computer-aided software engineeringコンピューター支援ソフトウエア工学。コンピューターを利用して、ソフトウエアの設計や開発を効率よく行うことを目的とする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

CASE【ケース】

computer aided software engineeringの略で,コンピューター支援ソフトウェア工学とも。ソフトウェアの開発において,要求分析から設計,保守まで全面的にコンピューターを利用することで,生産性や品質の向上,開発期間の短縮などを目指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のCASEの言及

【ソフトウェア工学】より

… ソフトウェア開発をコンピューターシステムで支援することが1980年代から盛んになった。これをCASE(Computer Assisted Software Engineering)とよぶ。それぞれの仕様書の図面や文書の作成や,データベース管理をコンピューター上で支援する。…

※「CASE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CASEの関連情報