コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CNOサイクル シーエヌオーサイクル

3件 の用語解説(CNOサイクルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シーエヌオー‐サイクル【CNOサイクル】

水素原子核(陽子)4個からヘリウム原子核1個を生成する核融合反応。質量が太陽の2倍程度の主系列星の内部で、中心温度が2×107K以上の場合、主にこの反応が起こる。1937年から1939年にかけて、H=ベーテ、C=F=v=ワイツゼッカーにより提唱された。名称はこの反応が炭素C、窒素N、酸素Oを媒介とすることに由来する。ベーテサイクルベーテワイツゼッカーサイクルCNサイクル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

CNOサイクル【シーエヌオーサイクル】

炭素・窒素・酸素サイクルとも。水素からヘリウムを合成する熱原子核反応の一つ。太陽の質量の2倍程度より重い主系列星が光として放射するエネルギーをまかなっている反応である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

CNOサイクル【CNO cycle】

ベーテ‐ヴァイツゼッカーサイクル*,またはベーテサイクル*ともいう.2×107 K以上の温度で,水素原子核4個からヘリウムの原子核1個(プラス陽電子2個)が生成する循環反応で,途中に炭素,窒素,酸素の原子核を含むのでこの名がある.太陽の2倍以上の質量をもつ主系列星や巨星のエネルギー源となっている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CNOサイクルの関連キーワード核反応原子核崩壊同位核熱核原子核人工変換ベーテサイクル陽子捕獲リチウム爆弾ヘリウム三重イオン衝突

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone