コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CORE(読み)コア

翻訳|

デジタル大辞泉の解説

コア【CORE】[Congress of Racial Equality]

Congress of Racial Equality》人種平等会議。人種、信教、性別、年齢、障害の有無、性的指向、宗教または民族的背景にかかわらず、すべての人々に平等をもたらすことを目的とする。1942年結成。本部はニューヨーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Core
こあ

インテル社が提供するCPU(中央処理装置)のブランド名。ノートパソコン用のCPUであるPentium M(ペンティアムエム)を進歩させた後継製品という位置づけで、それまで、デスクトップ用やモバイル専用などに一部分かれていたブランドを統一した。2006年1月に発表したデュアルコアのCore Duo(コアデュオ)とシングルコアのCore Solo(コアソロ)というモバイル向けのプロセッサーからスタートした。
 2006年7月にはその各種性能向上をはかったCore2(コアツー)シリーズのCPUが提供された。そのバリエーションとしては、デスクトップ向けとモバイル向けがあるデュアルコアプロセッサーのCore2 Duoと、上位機種のデュアルコアプロセッサーのCore2 Extreme(エクストリーム)を中心に、コアが四つのCore2 Quad(クアッド)やモバイル用のシングルコアのCore2 Soloなどのラインナップが登場した。
 さらに、Core2の進化系として、2008年からCore i(コアアイ)シリーズが投入された。最初に登場したのがハイエンド(上位機種)向けのCore i7で、2009年にミッドレンジ(中位機種)向けCore i5、2010年にローエンド(廉価機種)向けのCore i3が販売開始された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のCOREの言及

【公民権運動】より

…公民権運動がもっとも活発であったのは,1954年の合衆国最高裁判所の人種別学法違憲判決(ブラウン事件判決)から65年の投票権法の制定に至る期間である。この時期には,黒人と白人が参加した有力な運動団体(全米黒人地位向上協会(NAACP),全国都市同盟(NUL),南部キリスト教指導者会議(SCLC),人種平等会議(CORE),学生非暴力調整委員会(SNCC)など)が中心になって,南部における人種隔離制度,差別慣行を打ち破るために非暴力・直接行動が繰り広げられた。 NAACPはすでに1930年代から人種隔離の壁を崩す訴訟戦術を始めていたが,その成果であるブラウン事件判決は公民権運動に大きな弾みを与えた。…

※「CORE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

COREの関連情報