コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)・IPA(イコサペンタエン酸) でぃーえいちえーどこさへきさえんさんあいぴーえーいこさぺんたえんさん

1件 の用語解説(DHA(ドコサヘキサエン酸)・IPA(イコサペンタエン酸)の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

でぃーえいちえーどこさへきさえんさんあいぴーえーいこさぺんたえんさん【DHA(ドコサヘキサエン酸)・IPA(イコサペンタエン酸)】

DHAとIPAは、n―3系の不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)に属する脂質の一種です。青背魚に多く含まれることで知られますが、同じn―3系の植物性脂肪、α(アルファ)リノレン酸を摂取しても、体内でDHA、IPAに変化します。
 このうち、DHAは悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールをふやす働きにすぐれるほか、脳や神経組織の発育を促進したり、情報伝達をよくする働きをもつのが大きな特徴。青背魚(マグロ、ブリ、サバ、サンマなど)が頭をよくするといわれるのは、DHAのもつ脳、神経の機能促進作用によるものです。
 一方、IPAは血栓(けっせん)を溶かしたり、血管を拡張して血液の流れをよくし、動脈硬化(どうみゃくこうか)や脳卒中(のうそっちゅう)高血圧の予防に役立つことで知られます。また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状改善、慢性関節炎などの炎症性疾患の改善にも有効です。
 IPAは、すじこ、マイワシキンキなどに多く含まれます。
 ちなみに、コレステロールの低減作用や血栓の溶解作用は、両者に共通するものですが、前者はDHAに、後者はIPAにより強くみられます。
 DHA、IPAは、青背魚に豊富です。また、α―リノレン酸が豊富なエゴマ油、シソ油、アマニ油を摂取するのもいいでしょう。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

DHA(ドコサヘキサエン酸)・IPA(イコサペンタエン酸)の関連キーワード耳鳴り脂質アレルギー性鼻炎アトピー性皮膚炎難聴小児ぜんそくブリ・ハマチアジマグロぜんそく

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone