コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DOP ディーオーピーDOP

デジタル大辞泉の解説

ディー‐オー‐ピー【DOP】[dioctyl phthalate]

dioctyl phthalateフタル酸ジオクチル。合成樹脂の可塑剤として用いる。

ディー‐オー‐ピー【DOP】[developing-out paper]

developing-out paper》現像紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

DOP【ディーオーピー】

フタル酸ジオクチルの略称。オクチルアルコール無水フタル酸とのエステル化反応によって得られる,やや粘稠(ねんちゅう)性の無色の液体。比重0.986,沸点231℃(5mmHg)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

DOP

〖dioctyl phthalate〗
フタル酸ジオクチル。フタル酸エステルの一種。合成樹脂の可塑剤として用いる。環境汚染源の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ディーオーピー【DOP】


ポルトガルでEUの規定に基づいて用いられる原産地呼称。EU域内共通に規定された保護原産地呼称「Appellation d'Origine Protégée(フランス語、AOPと略す)」のポルトガル語訳「Denominação de Origem Protegida」の頭文字。◇2011年に導入された。ポルトガルのそれまでの原産地呼称にはDO(Denominação de Origem)、DOC(Denominação de Origem Controlada)などのカテゴリーがある。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

DOP
でぃーおーぴー

フタル酸ジオクチルdioctyl phthalateの略称。可塑剤として塩化ビニル樹脂などに広く用いられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のDOPの言及

【オキソ法】より

…まずプロピレンをオキソ法によってn‐ブチルアルデヒドに変え,そのアルドール縮合反応によって2‐エチルヘキセナールを得てのち,さらに水素化反応を行う。すなわち2‐エチルヘキサノールは有用な高級アルコールであり,たとえば無水フタル酸との反応でフタル酸ジ‐2‐エチルヘキシルが得られるが,この化合物はDOP(フタル酸ジオクチルdioctyl phthalateの略称)として知られる優れた可塑剤であり,プラスチック工業には欠かすことのできない添加剤である。 オキソ反応は均一系触媒系を用いる高温・高圧の反応であり,初期にはコバルト触媒が用いられたが,ロジウムやルテニウムの化合物も含めて,触媒の改良が進み,反応条件はしだいに温和になり,生成物の分布も改善されて今日に至っている。…

【可塑剤】より

…このように可塑剤を添加することによって,高分子の特性は大きく改良され,かつ用途も大きく広がる。 ポリ塩化ビニルの可塑剤としてよく用いられるのは,フタル酸ジオクチルdioctyl phthalate(DOP),フタル酸ジブチルdibutyl phthalate(DBP)などのフタル酸エステル類である。可塑性のほか,難燃性や耐油性を改良するため,リン酸トリクレシルtricresyl phosphate(TCP)などのリン酸エステルも用いられる。…

※「DOP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

DOPの関連キーワードPROSCIUTTO DI PARMAラブドフェン(データノート)ドープファイバーアンプドープファイバー増幅器ドミニカ共和国の要覧背三条棍棒鬚長天牛ポルトガルワインチロシナーゼポートワイン帯無小洞燕白帯黒小蛾胡麻斑穀盗紋黒紅苔蛾子持磯巾着鉤葉野螟蛾脚太葉捲蛾背条野螟蛾斜紋夜盗蛾鬼赤翅虫穴赤翅虫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DOPの関連情報