コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DoS攻撃 でぃーおーえすこうげき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DoS攻撃

Denial of Service(attack)の略。大量の[[パケットを送信することで、標的となるサーバーのサービスを不能にする攻撃。サービス停止攻撃ともいわれ、「スマーフ」(Smurf attack)や「SYNフラッド」(SYN flood attack)などが代表的。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ホームページ制作用語集の解説

DoS攻撃

DoS(Denial of Service)攻撃とは、標的のコンピュータに、大量のデータや不正なパケットを送りつけることで、標的のコンピュータを処理能力オーバー状態にし、麻痺させてしまう不正攻撃の一種。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

DoS攻撃
でぃーおーえすこうげき

特定のコンピュータや通信機器に対して、ネットワーク経由で連続的な攻撃を仕掛けること。手法としては、サーバーの処理能力を超える大量のデータを送りつける、ソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性をねらって不正なデータを送信する、などがあり、攻撃を受けるとシステムダウンやデータ消失などの被害が生じる。DoS攻撃はDenial of Service attackのことで、MS-DOSなどのDisk Operating Systemとは用語としての関連性はない。DoS攻撃を複数のコンピュータから同時多発的に行うことを「DDoS攻撃Distributed DoS attack」、あるいは「分散DoS攻撃」とよぶ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

DoS攻撃の関連キーワード分散型サービス拒否攻撃SYNフラッド攻撃遠隔操作ウイルスサイバーテロボットネットロジックボムスマーフ攻撃DDoS攻撃アノニマスF5攻撃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android