コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E層 イーそうE-layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

E層
イーそう
E-layer

地上 90~140kmにある電離層。おもに中波を反射する。電子密度は昼間が最も高く,黒点の極小期には 1cm3あたり105,黒点極大期には約 50%増加するが時間とともに減少し,夜間は 104程度となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

E層【イーそう】

電離圏のE領域に存在する電離層。電子密度のピークは高度約100kmのところにある。波長100〜400mの電波を反射。このほか突発的に出現,消滅するEs層(スポラディックE層)が観測されている。
→関連項目アップルトン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

E層の関連キーワードアップルトン(Sir Edward Victor Appleton)極地方域電波消失現象デリンジャー現象Eスポ現象電離層嵐ポドゾル偏波効果夜間効果酸性土壌ラジオ超短波溶脱層電離圏D層大気長波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android