コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FF方式 エフエフほうしき

百科事典マイペディアの解説

FF方式【エフエフほうしき】

フロントエンジン・フロントドライブ方式とも。自動車における駆動装置の配置法の一つで,エンジンを車体の前部に置いて前輪を駆動する方式をいう。中・小型乗用車のほとんどがこの配置を採用しており,FR方式RR方式よりも実用化の歴史は新しい。
→関連項目トーションバー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

FF方式
えふえふほうしき

front engine, front drive systemの略称。自動車のエンジン位置と駆動方式の一つで、前にエンジンを備え、前輪を駆動する形式。操向のために首を振る前輪に回転を伝えるので構造が複雑になり、コストもあがるが、駆動系統が前方にコンパクトにまとめられ、滑りやすい路面や横風にも強い。そのため小型大衆車の過半が採用している。なおFF方式というのは日本式の呼び方で、外国ではフロントホイールドライブまたは単にフロントドライブとよび、FWDと略すこともある。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

FF方式の関連キーワードNAVIフロントエンジン・フロントドライブ方式フロントエンジンフロントドライブラック&ピニオン操舵装置スバル1000 A12スズキフロンテ800スズライト SSホンダ N360スズキ アルトリアエンジンサーボ制御

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android