FR方式(読み)えふあーるほうしき

日本大百科全書(ニッポニカ)「FR方式」の解説

FR方式
えふあーるほうしき

front engine, rear drive systemの略称。自動車のエンジン位置と駆動方式の一つで、前にエンジンを備え、後輪を駆動するもっとも一般的な形式。操向輪と駆動輪が別なため構造上無理がなく、操縦性にも癖がないので、寸法的制約の少ない中形車以上では大半を占めている。外国にはFR方式という呼び方はなく、フロントエンジン・リアドライブ、または単にリアドライブとよんでいる。

[高島鎮雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「FR方式」の解説

FR方式【エフアールほうしき】

フロントエンジン・リアドライブ方式とも。自動車における駆動装置の配置法の一つで,エンジンを車体前部に置いて後輪を駆動する方式をいう。中・大型乗用車やトラックなどに多い。後輪を駆動するプロペラシャフトは,乗用車では普通車体の床中央にフロアトンネルを設けて収められている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android