コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G線上のアリア ジーせんじょうのアリア

4件 の用語解説(G線上のアリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

G線上のアリア
ジーせんじょうのアリア

バイオリン曲。バッハ管弦楽組曲第3番ニ長調の第2楽章アリアを,バイオリン奏者 A.ウィルヘルミ (1845~1908) がバイオリンの最低弦G線だけで演奏できるように編曲した。 1871年出版。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲーせんじょうのアリア〔‐センジヤウの‐〕【G線上のアリア】

G(ジー)線上のアリア

ジーせんじょうのアリア〔‐センジヤウの‐〕【G線上のアリア】

《原題、〈ドイツArie auf G G線は「ゲーせん」とも》バッハ管弦楽組曲第3番の第2曲「アリア」を、アウグスト=ビルヘルミがバイオリン独奏用に編曲した小品。原曲のニ長調からハ長調に移調されており、バイオリンのG線(最も低い弦)のみで演奏できる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

G線上のアリア

ドイツの作曲家J・S・バッハの管弦楽組曲第3番の第2曲を、アウグスト・ヴィルヘルミがヴァイオリン独奏用に編曲したもの。原題《Air》。名称はヴィルヘルムが原曲のニ長調をハ長調に移調し、ヴァイオリンのG線(最も低い弦)のみで演奏できるよう編曲したことに由来する。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

G線上のアリアの関連情報