コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GOLKAR ゴルカルGOLKAR

デジタル大辞泉の解説

ゴルカル【GOLKAR】[Golongan Karya]

《〈インドネシアGolongan Karyaインドネシアの政党。もとは、スハルトが1971年の総選挙に備えてつくった軍人・公務員などの翼賛的な職能団体。1998年のスハルト政権崩壊後、新たに政党として発足。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルカル【GOLKAR】

インドネシア共和国の職能グループであるGolongan‐Karyaの略称。同国の憲法によると,国権の最高機関の人民代表会議(MPR)の成員は国会議員,地方代表と,この職能グループ代表の三者からなるとされている。1963年の大統領決定により64年から,社会,労働など各団体の参加によって職能グループ共同書記局が設けられ,暫定MPRにゴルカルとして参加した。スハルト時代に入り,71年の第2回総選挙には精神的物質派(現,開発連合党)と物質的精神派(現,民主党)とゴルカルが候補者をたてたが,ゴルカルは軍や官僚の強力な支援をうけて62.8%の得票率をとり,第1党の与党となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

GOLKARの関連キーワードGOLKARマリススミス(Michael Smith)PCR法

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GOLKARの関連情報