ISMS(読み)あいえすえむえす

  • Information Security Management System

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

情報セキュリティリスクに対処するため、包括的なセキュリティ管理体制を構築・監査し、継続的に運用していくためのマネージメント体系。1999年にイギリス規格協会(BSI)がISMSの標準規格として「BS7799」を策定したのが母体となっている。日本ではISMSを認定する制度として2002年より「ISMS適合性評価制度」を導入。日本情報処理開発協会(JIPDEC)が中心になって正式運用している。近年は企業の情報セキュリティリスクに対する関心が急速に高まっており、ISMS認証を受ける企業も増えている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

情報セキュリティ用語辞典の解説

情報セキュリティの管理体制のこと。情報の機密性、完全性、可用性を維持するための、マネジメントシステム(計画→運用→見直し→是正)を指す。ISMS体制が整備されていることを認証する規格の一つに、経済産業省の外郭団体である日本情報処理開発協会(JIPDEC)の「ISMS適合性評価制度」がある。JIPDECの定義では、「ISMSとは個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用することである」とされている。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android