コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISMS あいえすえむえす

4件 の用語解説(ISMSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISMS

情報セキュリティリスクに対処するため、包括的なセキュリティ管理体制を構築・監査し、継続的に運用していくためのマネージメント体系。1999年にイギリス規格協会(BSI)がISMS標準規格として「BS7799」を策定したのが母体となっている。日本ではISMSを認定する制度として2002年より「ISMS適合性評価制度」を導入。日本情報処理開発協会(JIPDEC)が中心になって正式運用している。近年は企業の情報セキュリティリスクに対する関心が急速に高まっており、ISMS認証を受ける企業も増えている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エス‐エム‐エス【ISMS】[Information Security Management System]

Information Security Management System》企業・官公庁などが、情報の流出、紛失を防ぎ、適切に管理するために構築する、総括的な枠組み。日本情報処理開発協会が認定する。基準となる規格は「JIS Q 27001」。情報セキュリティーマネージメントシステム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

ISMS

情報セキュリティの管理体制のこと。情報の機密性、完全性、可用性を維持するための、マネジメントシステム(計画→運用→見直し→是正)を指す。ISMS体制が整備されていることを認証する規格の一つに、経済産業省外郭団体である日本情報処理開発協会(JIPDEC)の「ISMS適合性評価制度」がある。JIPDECの定義では、「ISMSとは個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用することである」とされている。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ISMSの関連キーワードCISO情報セキュリティインシデント情報セキュリティーマネージメントシステム内閣官房情報セキュリティーセンター地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン情報セキュリティポリシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ISMSの関連情報