コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ISMS あいえすえむえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISMS

情報セキュリティリスクに対処するため、包括的なセキュリティ管理体制を構築・監査し、継続的に運用していくためのマネージメント体系。1999年にイギリス規格協会(BSI)がISMSの標準規格として「BS7799」を策定したのが母体となっている。日本ではISMSを認定する制度として2002年より「ISMS適合性評価制度」を導入。日本情報処理開発協会(JIPDEC)が中心になって正式運用している。近年は企業の情報セキュリティリスクに対する関心が急速に高まっており、ISMS認証を受ける企業も増えている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エス‐エム‐エス【ISMS】[Information Security Management System]

Information Security Management System》企業・官公庁などが、情報の流出、紛失を防ぎ、適切に管理するために構築する、総括的な枠組み。日本情報処理開発協会が認定する。基準となる規格は「JIS Q 27001」。情報セキュリティーマネージメントシステム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

情報セキュリティ用語辞典の解説

ISMS

情報セキュリティの管理体制のこと。情報の機密性完全性可用性を維持するための、マネジメントシステム(計画→運用→見直し→是正)を指す。ISMS体制が整備されていることを認証する規格の一つに、経済産業省外郭団体である日本情報処理開発協会(JIPDEC)の「ISMS適合性評価制度」がある。JIPDECの定義では、「ISMSとは個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用することである」とされている。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

ISMSの関連キーワードクライン(Melanie Klein)サロー(Lester Thurow)ディラー&スコフィディオクリアスクリーンポリシーK. ゴルトシュタインセキュリティポリシー革新的資金メカニズム国際数理科学協会ペンフィールドセキュリティーブダペスト条約ジェニングズバートレットクリューバーラシュレーサントリオ付着生物若山儀一スキナーSNPs

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android