コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IT基本法 あいてぃーきほんほう

3件 の用語解説(IT基本法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IT基本法

2000年11月に制定、2001年1月に施行された法律で、正式名称を「高度情報通信ネットワーク社会形成基本法」という。当時、韓国やシンガポールに比べてIT促進が遅れていた日本が世界最先端のIT国家になるべく立法された。すべての国民がITの成果を享受できる高度ネットワーク社会の確立を目指し、その実現のために「世界最高水準の高度情報通信ネットワークの整備」、「電子商取引の促進」、「行政の情報化(電子政府電子自治体)の推進および公共分野の情報化」などが掲げられている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

IT基本法【アイティーきほんほう】

正称〈高度情報通信ネットワーク社会形成基本法〉。世界規模で生じているIT革命に緊急に対処し,高度情報通信社会の形成を迅速かつ重点的に推進することを目的として2000年に制定された。
→関連項目情報リテラシー電子政府/電子自治体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

IT基本法の関連キーワードアトリエ・ワンみかんぐみ自動車電話キム ギドク銀行再編脂質アン リー2000年問題機密保護法iモード

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone