コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LPG自動車 エルピージーじどうしゃ

百科事典マイペディアの解説

LPG自動車【エルピージーじどうしゃ】

液化石油ガス(LPG)を燃料とし,燃料タンク,燃料系統のほかはガソリンエンジンをそのまま使用した自動車。液化石油ガスはガソリンに比べ機関の発生する有害物質が少ないとされる。
→関連項目自動車

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

エルピージー‐じどうしゃ【LPG自動車】

LPG車

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LPG自動車
えるぴーじーじどうしゃ
LPG powered automobile

液化石油ガス(liquefied petroleum gas)を燃料として走る自動車。液化石油ガスは、LPガス(LPG)やプロパンガスともよばれ、家庭用ガスとして広く普及している。自動車用として供給されているオートガスはブタンが8割にプロパンが2割の混合ガスで、オクタン価は高く、ハイオクタン・ガソリン程度である。また、通常の燃料タンクのかわりにガスボンベを搭載している。エンジンは基本的にガソリン用と同一で、シリンダー内の混合気に点火プラグで着火するオットーサイクル機関だが、LPGを減圧、気化する専用の装置を備えている。近年では電子制御式LPG液体噴射方式が採用されるようになり、燃焼効率が向上している。
 LPGとガソリンを比較すると、重量当りの発熱量はLPGが勝るが、体積当りのエネルギー密度が低いため、同一のガソリンエンジンと比較して出力の低下が避けられない。しかし、燃料代が安いことから、日本では主としてタクシーや小型トラックに用いられており、タクシーでは90%以上がLPG車である。
 液化石油ガスは石油のほか、天然ガスからも生成されるため、省資源になるとして自動車への使用も増え、海外では一般のユーザーにも普及している。LPG車はCO2排出量が少なく、低騒音、低振動で経済性にも優れているが、日本ではLPGスタンドの整備が遅れ、一般用LPG車の普及は進んでいない。[伊東和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

LPG自動車の関連キーワードプロパンガス自動車液化石油ガス道路特定財源石油税

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android