コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LPG自動車 エルピージーじどうしゃ

3件 の用語解説(LPG自動車の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

LPG自動車【エルピージーじどうしゃ】

液化石油ガス(LPG)を燃料とし,燃料タンク,燃料系統のほかはガソリンエンジンをそのまま使用した自動車液化石油ガスガソリンに比べ機関の発生する有害物質が少ないとされる。
→関連項目自動車

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

エルピージー‐じどうしゃ【LPG自動車】

LPG車

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LPG自動車
えるぴーじーじどうしゃ
LPG powered automobile

液化石油ガス(liquefied petroleum gas)を燃料として走る自動車。液化石油ガスは、LPガス(LPG)やプロパンガスともよばれ、家庭用ガスとして広く普及している。自動車用として供給されているオートガスはブタンが8割にプロパンが2割の混合ガスで、オクタン価は高く、ハイオクタン・ガソリン程度である。また、通常の燃料タンクのかわりにガスボンベを搭載している。エンジンは基本的にガソリン用と同一で、シリンダー内の混合気に点火プラグで着火するオットーサイクル機関だが、LPGを減圧、気化する専用の装置を備えている。近年では電子制御式LPG液体噴射方式が採用されるようになり、燃焼効率が向上している。
 LPGとガソリンを比較すると、重量当りの発熱量はLPGが勝るが、体積当りのエネルギー密度が低いため、同一のガソリンエンジンと比較して出力の低下が避けられない。しかし、燃料代が安いことから、日本では主としてタクシーや小型トラックに用いられており、タクシーでは90%以上がLPG車である。
 液化石油ガスは石油のほか、天然ガスからも生成されるため、省資源になるとして自動車への使用も増え、海外では一般のユーザーにも普及している。LPG車はCO2排出量が少なく、低騒音、低振動で経済性にも優れているが、日本ではLPGスタンドの整備が遅れ、一般用LPG車の普及は進んでいない。[伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LPG自動車の関連キーワード液化石油ガスLPGガスエンジン都市ガス燃料ガス風呂ガスライター石油ガス税石油代替燃料

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone