コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MS Blaster えむえすぶらすたー

1件 の用語解説(MS Blasterの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MS Blaster

2003年8月に発生・流行したコンピューターウイルス(ワーム)の名称。“Blaster"“ブラスター"などとも呼ばれ、ウイルス対策ソフトの検出プログラムをかいくぐろうとする亜種(変種)がその後に発生した。TCP135ポートを通じて悪意のあるデータを送信し、感染したWindows OS(Windows NT 4.0/2000/XP)は攻撃者となって別のパソコンに悪意のあるデータ送信を行なうというもの。このウイルスは感染行為自体を目的とするワームと呼ばれる種類のプログラムで、感染したパソコンのデータ破壊などは行なわないものの、ネットワークリソースを大量に消費するためOSの動作が不安定になり異常終了/再起動する場合がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MS Blasterの関連キーワードニューロコンピューターノイマン型コンピューター非ノイマン型コンピューター大型コンピューターコンピューターアートコンピュートピアハイブリッドコンピューターミニコンピューターテレコンピューティングボードコンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone