コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NEDO ねどNew Energy and Industrial Technology Development Organization.

3件 の用語解説(NEDOの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

NEDO

エネルギー・産業技術総合開発機構の略称。産官学の連携及び、国際ネットワークの活用で、エネルギー・地球環境問題の解決と産業技術の競争力を目指す独立行政法人で日本最大の技術開発推進機関である。同機構のミッションはエネルギー・地球環境問題の解決と産業技術の国際競争力の強化で、1970年代に世界を襲った二度のオイルショックを契機に、エネルギーの多様化が求められる中、新たなエネルギー技術の開発を使命に、エネルギー問題解決の先導役として、1980年に設立された。同機構は、2012年10月、千葉県銚子市沖南方3キロの沖合に完成した洋上風力発電所報道陣に公開。洋上風力は、急峻(きゅうしゅん)な地形が多いため風が集まりやすく、陸上風力の設置余地が限られる日本において今後の風力発電導入の切り札として注目されている。2013年1月から東京電力がこの上場発電所の電力を供給する予定。NEDOはエネルギー・環境技術、産業技術など6分野において事業を行っている。

(2012-10-24)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

産学連携キーワード辞典の解説

NEDO

「NEDO」とは、New Energy and Industrial Technology Development Organization(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の略。産学連携の促進に関係する様々な施策実現において中心的な役割を果たしており、経済産業省の補助を受けて、インターンシップ、産業技術フェローシップアクレディテーションシステムなど、様々な制度の実施を行っている。

出典|(株)アヴィス
産学連携キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NEDOの関連情報