コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NEDO ねど New Energy and Industrial Technology Development Organization.

3件 の用語解説(NEDOの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

NEDO

エネルギー・産業技術総合開発機構の略称。産官学の連携及び、国際ネットワークの活用で、エネルギー・地球環境問題の解決と産業技術の競争力を目指す独立行政法人で日本最大の技術開発推進機関である。同機構のミッションはエネルギー・地球環境問題の解決と産業技術の国際競争力の強化で、1970年代に世界を襲った二度のオイルショックを契機に、エネルギーの多様化が求められる中、新たなエネルギー技術の開発を使命に、エネルギー問題解決の先導役として、1980年に設立された。同機構は、2012年10月、千葉県銚子市沖南方3キロの沖合に完成した洋上風力発電所報道陣に公開。洋上風力は、急峻(きゅうしゅん)な地形が多いため風が集まりやすく、陸上風力の設置余地が限られる日本において今後の風力発電導入の切り札として注目されている。2013年1月から東京電力がこの上場発電所の電力を供給する予定。NEDOはエネルギー・環境技術、産業技術など6分野において事業を行っている。

(2012-10-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネド【NEDO】[New Energy and Industrial Technology Development Organization]

New Energy and Industrial Technology Development Organization》⇒新エネルギー・産業技術総合開発機構

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

NEDO

「NEDO」とは、New Energy and Industrial Technology Development Organization(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の略。産学連携の促進に関係する様々な施策実現において中心的な役割を果たしており、経済産業省の補助を受けて、インターンシップ、産業技術フェローシップアクレディテーションシステムなど、様々な制度の実施を行っている。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NEDOの関連キーワードエネルギー産業熱エネルギー新エネルギー・産業技術総合開発機構産業技術総合研究所RTミドルウエア新エネルギー利用特別措置法農研機構新エネエネルギー学くさつ夢風車

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NEDOの関連情報