PMI(読み)ぴーえむあい

日本大百科全書(ニッポニカ)「PMI」の解説

PMI
ぴーえむあい

景況感を表す指数の一つ。英語のPurchasing Managers' Indexの略で、日本では「購買担当者景気指数」「購買担当者指数」などともよばれる。製造業やサービス業において資材調達担当者にアンケート方式や聞き取り方式で、新規受注、生産、在庫、入庫遅延、輸出、雇用などの生の動向を調査し、各項目に一定のウェイトを掛けて算出する。製造業PMI、サービス業PMI、およびそれらをまとめた総合PMIがある。一般に景気の改善と悪化の分岐点となるのが指数50で、50を超えると景気拡大、50を下回ると景気減速を示す。PMIは国内総生産(GDP)よりも2か月程度早めに変動する景気の先行指標として知られている。

 PMIは世界各国・地域の政府機関や民間調査機関などが集計・公表している。株式・金融市場では、アメリカのサプライマネジメント協会(ISM:Institute for Supply Management)が毎月発表するISM製造業・非製造業景況感指数や、ユーロ圏製造業購買担当者景気指数の動向が注目されている。最近では、中国の国家統計局(物流購買連合会)とイギリス金融大手HSBCがそれぞれ別々に発表する中国製造業購買担当者景気指数への関心が高まっている。このうち中国国家統計局のものは国有企業など大企業の比率が高く、HSBCのものは中小企業の比率が高いという特徴がある。日本にも日本資材管理協会(JMMA:Japan Materials Management Association)が発表するJMMA製造業PMIがあるが、注目度はあまり高くない。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典「PMI」の解説

PMI

「PMI」とは、Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A(企業の合併・買収)成立後の統合プロセスのことです。新しい組織体制の下で当初企図した経営統合によるシナジーを具現化するために、企業価値の向上と長期的成長を支えるマネジメントのしくみを構築、推進するプロセスの全体を指します。M&Aが企業活動にもたらす成果の度合いは、このPMIの巧拙によって決まるといわれます。
(2012/10/5掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

M&A用語集「PMI」の解説

PMI

M&Aによる統合効果を確実にするために、M&A初期段階より統合阻害要因等に対し事前検証を行い、統合後にそれを反映させた組織統合マネジメントを推進すること。特に企業文化の違いをどのようにマネージメントするかはPMIの重要なテーマである。ちなみにM&A実行前に想定したシナジー効果を得られるかどうかはPMIの巧拙によるところが大きいといわれている。 

出典 M&A OnlineM&A用語集について 情報

デジタル大辞泉「PMI」の解説

ピー‐エム‐アイ【PMI】[Purchasing Managers' Index]

Purchasing Managers' Index》企業の購買担当者を対象に、新規受注・生産高・雇用などの項目についてアンケートを行い、指数化したもの。50を上回ると経済が拡大局面にあることを示す。購買担当者指数。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android