コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SDI

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SDI

あるアプリケーション内で複数のドキュメントを表示する場合に、各ドキュメントに子ウィンドウを割り当てて同時表示できるようにするのではなく、常に1つのドキュメントがウィンドウ全体に表示されるようにするインターフェイス技術。(←→MDI(Multiple Document Interface))

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐ディー‐アイ【SDI】[Strategic Defense Initiative]

Strategic Defense Initiative》米国の戦略防衛構想。先端技術を用いて、飛来する敵ミサイルを大気圏外で迎撃しようというもの。1993年5月、事実上中止。スターウオーズ計画

エス‐ディー‐アイ【SDI】[selective dissemination of information]

selective dissemination of information》情報の選択的提供。利用者が、あることについての情報が欲しいと登録しておくと、自動的に最新情報を検索して提供してくれるシステム。

エス‐ディー‐アイ【SDI】[single document interface]

single document interface》パソコンのアプリケーションソフトなどで、一つのウインドー内に一つのファイルしか表示しないもの。ファイルを開いた数だけアプリケーションが起動する。シングルドキュメントインターフェース。→エム‐ディー‐アイ(MDI)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

SDI【エスディーアイ】

Strategic Defense Initiativeの略。米国が打ち出した戦略防衛構想。1983年レーガン大統領が提唱。敵が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)やSLBMをレーザービームで破壊するという弾道ミサイル防衛構想。
→関連項目レーザー兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

SDI

〖Strategic Defense Initiative〗
戦略防衛構想。敵の戦略ミサイルをレーザー-ビーム兵器などにより大気圏や宇宙で破壊する防衛システムの研究構想。1983年アメリカが提唱。俗にスター-ウォーズ計画とも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SDI
エスディーアイ
Strategic Defense Initiative

戦略防衛構想あるいはスターウォーズともいう。 1983年アメリカのレーガン大統領が提案したもので,ソ連の弾道ミサイルがアメリカや同盟諸国の領土に到達する前に,地上基地あるいは宇宙配備の兵器システムで迎撃,破壊しようというもの。アメリカ国防省は (1) ソ連ミサイルの監視,探知,追跡,破壊の各技術,(2) レーザービーム兵器などの指向性エネルギー兵器,(3) レールガンなどの運動エネルギー兵器,(4) システムの構成,戦闘管理,(5) システムを攻撃から守る防衛技術,について研究開発を行なった。 SDIの迎撃方法は4段階の多層防衛方式をとり,抑止力の効果を高めることをねらった。しかし,技術的困難と冷戦の終了によって,91年1月 30日ブッシュ大統領は『一般教書』のなかで,SDIの規模を縮小し,ソ連のミサイル攻撃よりも,第三世界からのミサイル攻撃からアメリカや同盟国を守る限定的弾道ミサイル防御システム (GPALS) にその主眼を移すことを発表した。 93年1月に就任したクリントン大統領は国防費の大幅削減を推し進め,これを受けてアスピン国防長官は 93年5月 13日に SDIの正式廃棄を発表,今後は地上基地システムで戦術ミサイルを迎撃する弾道ミサイル防衛 BMDを推進することを明らかにした。アメリカはレーガン大統領の SDI計画発表から 10年間に約 300億ドルの開発費を費やした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

SDI

要求に応じて,特定主題に関するカレントな情報を検索して,定期的に提供する情報サービス.選択的情報提供と訳されることが多い.個別的なニーズに応えて,あらかじめ用意した特定テーマについての検索式を情報検索システムに登録しておき,定期的に,または,データ更新ごとに検索して,新しい該当情報のレポートを提供する.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のSDIの言及

【ミサイル】より

…アメリカは早期警戒衛星システムによりICBM,SLBMの発射を発見し,ICBMに対してはアラスカなどにBMEWS(ベミユース)(Ballistic Missile Early Warning System)や,北米大陸の北緯70度線に沿ってDEWLINE(デユーライン)(Distant Early Warning Line)などの早期警戒システムで,またSLBMに対してはフェーズドアレー・レーダーのPAVE PAWS(ペーブポーズ)等により確認してシャイアン山中の米空軍スペースコマンドに情報を集中し,ミサイルの早期発見につとめている。レーガン政府は,ソ連が弾道ミサイル防衛Ballistic Missile Defense(略号BMD)システムの研究開発の面でも対米優位を達成したと認識し,83年3月に戦略防衛構想Strategic Defense Initiative(略号SDI,スターウォーズと呼ぶ人もいる)を発表,そのなかで,ソ連の核攻撃をアメリカの即時大量核報復(MAD,相互確証破壊)により抑止することなく,戦略弾道ミサイルが自国および同盟国の領土に到達する前に迎撃破壊することにより,窮極的に核の廃絶をはかることを目的とする研究の推進を示唆した。これはソ連の弾道ミサイルを,ロケットエンジン燃焼中,多核弾頭が目標に対する軌道にのるまで,宇宙空間飛行中,および終末突入時のそれぞれの段階でレーザー等を用いて破壊する多層防衛方式である(図2)。…

※「SDI」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SDIの関連キーワードStrategic Defense Initiative西太平洋地域ミサイル防衛構想研究ジェイムズ・C. フレッチャーブリリアント・アイズユーロ・ペシミズム情報フィルタリングスターウォーズ計画リレー・ミラー実験戦域ミサイル防衛戦略兵器削減条約自由電子レーザー粒子ビーム兵器フランス核戦略ABM制限条約情報センター青木 日出雄HDミラー衛星SATKA原子力衛星

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SDIの関連情報