コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SFA(Sales Force Automation)

マーケティング用語集の解説

SFA(Sales Force Automation)

顧客データベースを活用することで人的販売を支援する業務アプリケーションのこと。モバイル機器やコールセンターなどを組み合わせることで統合的なフロントオフィスシステムと位置づけることができる。
SFAが提供する主な機能は以下の4つである。
・営業支援ツールの提供 資料テンプレート、受発注機能、見積もり機能
・管理機能 スケジュール管理、顧客管理、プロジェクト管理
・ナレッジ機能 事例データベース、グループウェア
・市場情報提供 競合情報、業界情報、市場動向
これらの情報を共有、活用することにより販売効率の向上を目指すシステム。
ここでも重要な要素は、しっかりとした戦略を策定しそこにITを適応させて行くことです。

出典|(株)マインズマーケティング用語集について | 情報

SFA(Sales Force Automation)の関連キーワードES(エンプロイーサティスファクション)イスファハーンのマスジッドセールスフォースオートメーションインターナル・マーケティングイスファハンのイマーム広場リンディスファーンの福音書セールスサポートシステムローリング・ストーンズサティスファクション日本アフェレシス学会クロスフェード再生統合特殊部隊航空団従業員満足(ES)スファトゥルイ広場ビーサンがんちゃん顧客データベース南スーダン派遣団営業支援システムイスファハーンフォーリンラブ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android