コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SaaS サースSaaS

デジタル大辞泉の解説

サース【SaaS】[software as a service]

software as a service》インターネットを経由してソフトウエアを利用するサービス。パッケージ商品を購入するのではなく、インターネットを通じて必要な機能のみを利用し、その内容に応じてサービス料を支払う。コンピューターやソフトウエアの導入および管理の負担を軽減できるという長所がある。サービスとしてのソフトウエア。ソフトウエア‐アズ‐ア‐サービス。サーズ。
[補説]ASPが提供するサービスとほぼ同じだが、これらがソフトウエアの機能のみを提供するという点で異なる。2006年頃から、コンピューターシステム全体をインターネット経由で利用する、より包括的な概念を表す言葉としてクラウドコンピューティングという名称が使われるようになり、その後、SaaSを発展させたサービス形態としてプラットホーム一式を提供するPaaS(パース)ネットワークやハードウエアなどのインフラ一式を提供するIaaS(イアース)などが生まれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

SaaSの関連キーワードラリー・エリソンFile BuddyREALbasicオラクル(企業名)OperaオペラsaasマルウエアISVアクセサリーソフト

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SaaSの関連情報