コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W3C ダブリュー スリー シー

6件 の用語解説(W3Cの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

W3C

World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブコンソーシアム)の略称。HTTPHTMLなどのWWW関連の仕様や規格を策定する業界団体。米マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所MIT CSAIL)、フランスに本部を置く欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)、慶應義塾大学SFC研究所がホスト機関として共同運営にあたっている。W3Cが標準化した主な規格CSSCGIDOMHTMLRDFSVGSOAPXHTMLXML

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

W3C

WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まり1994年に発足した、 HTMLやXML、XHTML、CSSの標準を定義する目的で組織された団体。

出典|(株)ネットプロ
ホームページ制作用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

W3C
だぶりゅーすりーしー

World Wide Web Consortiumの略語。インターネットのWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)に関する規格化や標準化などを行う団体。W3コンソーシアム、WWWコンソーシアムともいう。
 1994年(平成6)、アメリカのマサチューセッツ工科大学や慶応義塾大学をはじめ、関連する企業、大学、研究機関などが集まって設立された団体で、ブラウザーやサーバーなど、インターネットのウェブ関連技術の仕様などを取り決めて、勧告という形で標準化を進めている。たとえば、HTMLを拡張したダイナミックHTMLはウェブページに動的な表現を追加する技術として注目されていたが、マイクロソフト社とネットスケープコミュニケーションズ社(のちにAOL社が買収)がそれぞれ自社のブラウザー向けに独自に開発を行ったため互換性がなかった。そこでW3Cが中心となりDOM(Document Object Model)として標準化を行った。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

W3C

ウェブに関する技術の標準化を進める団体.ワールド・ワイド・ウェブ(World Wide Web)の発明者であるバーナーズ=リー(Tim Berners-Lee 1955-  )が1994年10月に設立.マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学研究所(MIT LCS),フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA),慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスが幹事役となって運営されている.個人ではなく組織にのみ参加資格(会費制)が与えられており,インターネット関連の主要ベンダーなど377の組織が参加している.HTMLやXMLなど,数多くの重要なウェブ技術がW3Cで議論され,勧告という形で提出されている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

W3Cの関連キーワードWebWebフォームWebセントリックマーケティングWWWHTTP多変量着地ページ最適化W3CWebサーバーWebサイトWebプレゼンス管理

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

W3Cの関連情報