W3C(読み)ダブリュー スリー シー

  • だぶりゅーすりーしー
  • ダブリュースリーシー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)の略称。HTTPやHTMLなどのWWW関連の仕様や規格を策定する業界団体。米マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所(MIT CSAIL)、フランスに本部を置く欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)、慶應義塾大学SFC研究所がホスト機関として共同運営にあたっている。W3Cが標準化した主な規格CSSCGIDOMHTMLRDFSVGSOAPXHTMLXML

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ホームページ制作用語集の解説

WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まり1994年に発足した、 HTMLやXML、XHTML、CSSの標準を定義する目的で組織された団体。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

World Wide Web Consortiumの略語。インターネットのWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)に関する規格化や標準化などを行う団体。W3コンソーシアム、WWWコンソーシアムともいう。

 1994年(平成6)、アメリカのマサチューセッツ工科大学や慶応義塾大学をはじめ、関連する企業、大学、研究機関などが集まって設立された団体で、ブラウザーやサーバーなど、インターネットのウェブ関連技術の仕様などを取り決めて、勧告という形で標準化を進めている。たとえば、HTMLを拡張したダイナミックHTMLはウェブページに動的な表現を追加する技術として注目されていたが、マイクロソフト社とネットスケープコミュニケーションズ社(のちにAOL社が買収)がそれぞれ自社のブラウザー向けに独自に開発を行ったため互換性がなかった。そこでW3Cが中心となりDOM(Document Object Model)として標準化を行った。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

ウェブに関する技術の標準化を進める団体.ワールド・ワイド・ウェブ(World Wide Web)の発明者であるバーナーズ=リー(Tim Berners-Lee 1955-  )が1994年マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学研究所(MIT LCS)に設立.1995年フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)が欧州担当ホスト,1996年慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスがアジア担当ホストとなった.2003年欧州担当ホストがINRIAから欧州情報処理数学研究コンソーシアム(ERCIM)に移管し, 2013年北京航空航天大学が新たに中国担当ホストとなった.インターネット関連の主要ベンダー等427の組織が参加している(2019年現在).HTMLやXML等,数多くの重要なウェブ技術がW3Cで議論され,勧告という形で提出されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android