コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

β―グルカン べーたぐるかん

食の医学館の解説

べーたぐるかん【β―グルカン】

グルカンとは、炭水化物の一種であるグルコース(ブドウ糖)を含んだ多糖類(たとうるい)の総称で、でんぷん、アミロース、グリコーゲン、セルロースなど、非常に多くの仲間があります。そのなかでも、グルカンの名前を代表するのがβ(ベータ)グルカンです。
 β―グルカンは不溶性の食物繊維の一種です。そのおもな働きは、腸を刺激して便秘(べんぴ)を予防・改善する、腸内の有用菌をふやして腸の調子をととのえる、余分な脂肪を吸収排出して肥満を予防する、腸の中の有害物質や老廃物の排出をうながす、といったもので、他の食物繊維と同様、生活習慣病の予防に役立ちます。
 そして、もう1つ注目したいのが、がんに対する予防改善効果。β―グルカンは免疫機能をつかさどるマクロファージやナチュラルキラー細胞、T細胞、B細胞などの働きを活性化したり、インターフェロンの生成をうながす作用があります。このため、がん細胞の成長を抑制するのに効果を発揮するのです。
 こうしたがんの抑制効果は、とくにサルノコシカケ科、シメジ科、ヒラタケ科のキノコに含まれるβ―D―グルカンに強く認められています。ちなみに、シイタケやヤマブシタケのβ―グルカンは、医薬品としてがん治療に用いられているほど。
 また、β―グルカンの免疫機能活性化作用は、細菌やウイルスに対する抵抗力を高めてくれます。
 β―グルカンはマイタケ、アガリクスをはじめとするキノコ類や、酵母に多く含まれています。そこで摂取する場合は、これらの食品を利用するのが早道。
 このほか、サプリメントとしても多くの製品が出回っています。
 ただ、一度に大量にとりすぎると、おなかがごろごろしたり、下痢(げり)を起こすことがあります。
 また、有害物質や老廃物とともに、栄養素も運び出してしまうので、β―グルカンを多めに摂取するときには、ビタミンやミネラルなども積極的に補給するようにしましょう。

出典|小学館食の医学館について | 情報

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

β―グルカンの関連情報