コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《海紅》 かいこう

世界大百科事典内の《海紅》の言及

【自由律】より

…これが自由律俳句運動のおこりで,1914年(大正3)には荻原井泉水が俳誌《層雲》でいっそう大胆な自由表現と季題無用論を唱えて加わり,さらに17年には河東碧梧桐も口語表現のさけがたいことを論じて運動に投じた。これを俳誌の面からいえば,前記《第一作》の後身《海紅(かいこう)》と《層雲》を主流として,碧梧桐の《碧》《三昧》,栗林一石路らの《俳句生活》を加えたものが自由律俳句の流れであった。しかし碧梧桐,一碧楼の没後は《層雲》が主流となり,これに新俳句人連盟の機関誌《俳句人》の一部,吉岡禅寺洞の《天の川》などが加わり第2次世界大戦後の自由律俳句を推進した。…

※「《海紅》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《海紅》の関連キーワード兼崎 地橙孫安斎 桜磈子筏井 竹の門中塚 一碧楼河東 碧梧桐アメリカ梯姑白石 花馭史中塚 たづ子山田 蒲公英中塚 響也中塚たづ子梯梧・梯姑青柳 菁々安斎桜磈子小沢 碧童河東碧梧桐門間 春雄エリスリナ中塚一碧楼吉田 冬葉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android