コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【せつ】 せつ

百科事典マイペディアの解説

【せつ】【せつ】

疔(ちょう)とも。皮膚の毛嚢(毛包)や脂腺に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染し,毛嚢を中心に腫脹(しゅちょう)・発赤・疼痛(とうつう)を示すもの。顔面,背部,頸部,腋窩(えきか)部,大腿(だいたい)内側面に好発し,多くは化膿し,自潰(じかい)排膿後治癒(ちゆ)する。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

【せつ】の関連キーワードコネクティングロッド雪掻き車・雪搔き車スコポフィリー膳椀淵・膳椀渕悲しみの節フルンケル沸かし接ぎ主観価値説サルコメア隣接水域アトム説悲惨小説標の太刀髀臼関節リンパ腺接頭辞風説書曲折語天賦説力本説

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android