コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ

家庭医学館の解説

よう【癰 Carbuncle】

[どんな病気か]
 癤(せつ)は1つの毛孔(もうこう)の化膿(かのう)ですが、癰は癤より深い部分が感染して始まるため、複数の毛孔部をまとめておかします。原因はやはり黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)の感染です。
[症状]
 くびのうしろ、肩、臀部(でんぶ)、大腿(だいたい)(太もも)など、皮膚の緊張が強いところによくできます。癤と異なり、半球状に盛り上がります。最初は鈍い痛みですが、やがて激しい痛みをともないます。盛り上がりは、最初は赤く張りきって硬いのですが、進行とともに軟らかくなり、表面の複数の毛孔が膿(うみ)をもった点になります。やがて表面の一部に穴があいて膿が流れ出し、最後は破壊された組織が排出され、治っていきます。
[治療]
 からだがだるい、熱が出るなどの重症例では強力な抗生物質を注射します。癰を切開して膿を出すのは患部が軟らかくなってからです。これは、硬いうちに切開すると病気が広がるためです。
 日常生活では安静にし、とくに癰がくびにできた場合は、今日でも注意深い養生が必要です。膿汁(のうじゅう)については、癤の場合と同様の注意をしてください。
 糖尿病などの基礎疾患の有無を検査してもらうこともたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よう【癰 carbuncle】

数個以上の近接した毛包に黄色ブドウ球菌が感染して化膿性炎症が生じたもの。集合性の(せつ)と考えられているが,癤が毛包から皮下組織へと炎症が進むのに対し,逆に皮膚深層に初発変化が起こって表層へと波及してくるものもある。発赤と腫張が著しい隆起性局面を生じ,その上に点々と膿栓を生じる。疼痛が著しく,悪寒や発熱などの全身症状をも伴う。中年以後の男子の項背部に好発し,基礎に糖尿病があることが多い。治療は癤に準じ,抗生物質の服用と局所の安静を原則とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よう【癰】

黄色ブドウ球菌が原因で起こる隣り合った数個以上の毛包の化膿性炎症。その部分は赤く盛り上がり、痛み・発熱を伴う。 → せつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

癰の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名皮膚のしくみとはたらき木村 修吉郎溶連菌感染症足利尊氏藤原道長安倍盛親牧野岡山蜂巣織炎山崎宗鑑膿皮症冬瓜子肺膿瘍千金方吸出膏腎膿瘍癰疽根太膏薬炭疽

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android