コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛嚢炎 もうのうえん

2件 の用語解説(毛嚢炎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

毛嚢炎【もうのうえん】

毛嚢(毛包)の炎症。おもにブドウ球菌の感染により起こる。毛嚢に一致した紅色丘疹を生じ,化膿する。大きくなったものを【せつ】という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛嚢炎
もうのうえん

毛包炎ともいい、毛孔を中心に小さく膿(うみ)をもち、周囲は多少赤く、軽い痛みがある。にきびと合併してみられることも多い。毛孔にブドウ球菌が感染しておこるが、病変は表皮内にあって(せつ)より浅く、症状も軽い。成人男子の口ひげ、あごひげなどの硬毛に生ずるものは毛瘡(もうそう)とよばれ、俗に「かみそりまけ」という。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛嚢炎の関連情報