コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛嚢炎 もうのうえん

百科事典マイペディアの解説

毛嚢炎【もうのうえん】

毛嚢(毛包)の炎症。おもにブドウ球菌の感染により起こる。毛嚢に一致した紅色丘疹を生じ,化膿する。大きくなったものを【せつ】という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛嚢炎
もうのうえん

毛包炎ともいい、毛孔を中心に小さく膿(うみ)をもち、周囲は多少赤く、軽い痛みがある。にきびと合併してみられることも多い。毛孔にブドウ球菌が感染しておこるが、病変は表皮内にあって(せつ)より浅く、症状も軽い。成人男子の口ひげ、あごひげなどの硬毛に生ずるものは毛瘡(もうそう)とよばれ、俗に「かみそりまけ」という。[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毛嚢炎の関連キーワード皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)おもな皮膚病変の俗名と学名ベーチェット病の診断基準急性限局性外耳道炎/耳外耳炎・中耳炎・内耳炎皮膚のしくみとはたらきブドウ(葡萄)球菌ベーチェット病ニキビダニ毛包炎膿皮症

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android