コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛嚢炎 もうのうえん

2件 の用語解説(毛嚢炎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

毛嚢炎【もうのうえん】

毛嚢(毛包)の炎症。おもにブドウ球菌の感染により起こる。毛嚢に一致した紅色丘疹を生じ,化膿する。大きくなったものを【せつ】という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛嚢炎
もうのうえん

毛包炎ともいい、毛孔を中心に小さく膿(うみ)をもち、周囲は多少赤く、軽い痛みがある。にきびと合併してみられることも多い。毛孔にブドウ球菌が感染しておこるが、病変は表皮内にあって(せつ)より浅く、症状も軽い。成人男子の口ひげ、あごひげなどの硬毛に生ずるものは毛瘡(もうそう)とよばれ、俗に「かみそりまけ」という。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛嚢炎の関連キーワード球菌骨髄炎胆嚢炎扁桃炎毛嚢化膿菌溶血素葡萄球菌ブドウ球菌食中毒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone