コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【ぼく】東綺譚 ぼくとうきだん

1件 の用語解説(【ぼく】東綺譚の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【ぼく】東綺譚【ぼくとうきだん】

永井荷風中編小説。1937年東京・大阪《朝日新聞》に連載。墨東の私娼窟玉ノ井の風物,人情風俗を背景に,老作家大江匡(ただす)と私娼お雪の交渉を随筆風に描いている。
→関連項目木村荘八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【ぼく】東綺譚の関連キーワード腕くらべ玉の井中編小説あめりか物語荷風忌中編偏奇館お雪永井威三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone