あざとい

精選版 日本国語大辞典「あざとい」の解説

あざと・い

〘形口〙 あざと・し 〘形ク〙 (「あさとい」とも)
① 思慮が浅い。あさはかである。子供っぽい。
浄瑠璃・信田森女占(1713)四「あざといたくみむまむまとくふた」
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)大詰「それをあざとい女の恨み、舅も嫁もおれが手に」
小利口で憎らしい。やりかたがあくどい。
※浄瑠璃・諸葛孔明鼎軍談(1724)五「あざとい手めでねだ切り、相手をして遣らうとは、のぶとい胴取り」
あざと‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あざとい」の解説

あざと・い

[形][文]あざと・し[ク]
やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」
小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」
「―・き方便てだてに討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡
[派生]あざとさ[名]
[類語]小利口小賢しい賢しいそつがない腹黒い悪賢いずる賢いこざかしい狡猾さがない腹汚いずるいこすいこすっからいあくどいさかしいさかしら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android