あざとい

大辞林 第三版の解説

あざとい

( 形 ) [文] ク あざと・し
抜け目がなく貪欲である。あくらつだ。 「 - ・い商法」
小りこうだ。思慮が浅い。 「愚人ばらが-・き方便てだてに討たれさせ給ひしは/浄瑠璃・神霊矢口渡」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あざと・い

[形][文]あざと・し[ク]
やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」
小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」
「―・き方便(てだて)に討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡
[派生]あざとさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あざといの関連情報