あざとい

精選版 日本国語大辞典 「あざとい」の意味・読み・例文・類語

あざと・い

〘形口〙 あざと・し 〘形ク〙 (「あさとい」とも)
① 思慮が浅い。あさはかである。子供っぽい。
浄瑠璃・信田森女占(1713)四「あざといたくみむまむまとくふた」
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)大詰「それをあざとい女の恨み、舅も嫁もおれが手に」
小利口で憎らしい。やりかたがあくどい。
※浄瑠璃・諸葛孔明鼎軍談(1724)五「あざとい手めでねだ切り、相手をして遣らうとは、のぶとい胴取り」
あざと‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「あざとい」の意味・読み・例文・類語

あざと・い

[形][文]あざと・し[ク]
やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」
小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」
「―・き方便てだてに討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡
[派生]あざとさ[名]
[類語]小利口小賢しい賢しいそつがない腹黒い悪賢いずる賢いこざかしい狡猾さがない腹汚いずるいこすいこすっからいあくどいさかしいさかしら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android