あざとい

大辞林 第三版の解説

あざとい

( 形 ) [文] ク あざと・し
抜け目がなく貪欲である。あくらつだ。 「 - ・い商法」
小りこうだ。思慮が浅い。 「愚人ばらが-・き方便てだてに討たれさせ給ひしは/浄瑠璃・神霊矢口渡」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あざと・い

[形][文]あざと・し[ク]
やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」
小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」
「―・き方便(てだて)に討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡
[派生]あざとさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あざといの関連情報