コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢しい サカシイ

デジタル大辞泉の解説

さかし・い【賢しい】

[形][文]さか・し[シク]《「盛(さか)し」と同語源か》
才知がすぐれ判断力があるさま。かしこい。賢明である。「―・いやり方」「競争社会を―・く生き抜く」
才知のあるように見せかけるさま。こざかしい。「―・い口をきく」
心がしっかりしている。気丈である。
「心―・しき者、念じて射むとすれども」〈竹取
すぐれて見えるさま。じょうずである。気がきいている。
「異(こと)人々のもありけれど、―・しきもなかるべし」〈土佐
健康であるさま。
「おのが―・しからむときこそ、いかでもいかでもものし給はめと思へば、かく死なば」〈かげろふ・上〉
[派生]さかしげ[形動]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかしい【賢しい】

( 形 ) [文] シク さか・し
かしこい。利口だ。 「それが-・い生き方というものなのだろう」
小利口で、なまいきだ。こざかしい。 「へんに-・いところが人に嫌われる」
盛んである。栄えている。 「斑鳩のなみきの宮にたてし憲法のり今の-・しき御代にあふかな/日本紀竟宴和歌」
気が強い。勇ましい。心がしっかりしている。 「中に心-・しき者、念じて射むとすれども/竹取」
すぐれている。巧みだ。じょうずだ。 「ことひとびとのもありけれど、-・しきもなかるべし/土左」
健康だ。じょうぶだ。 「をのが-・しからむときこそ、いかでもいかでもものしたまはめ/蜻蛉
[派生] -げ ( 形動 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賢しいの関連キーワード才知

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android