コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢しら サカシラ

デジタル大辞泉の解説

さかし‐ら【賢しら】

[名・形動]《「ら」は接尾語》
利口そうに振る舞うこと。物知りぶること。また、そのさま。かしこだて。「賢しらをする」「賢しらに口を出す」
自ら進んですること。また、そのさま。
「大君のつかはさなくに―に行きし荒雄(あらを)ら沖に袖ふる」〈・三八六〇〉
よけいな世話を焼くこと。出しゃばること。おせっかい。
「―する親ありて…この女をほかへ追ひやらむとす」〈伊勢・四〇〉
さし出口をきくこと。讒言(ざんげん)。
「この御堂の北南に移り住めば、ある―する者出で来て」〈栄花・玉の台〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかしら【賢しら】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「ら」は接尾語〕
利口ぶること。いかにもわかっているというふうに振る舞うこと。また、そのさま。 「 -を言う」 「 -をする」 「 -な顔つき」
自分の考えで行動すること。 「大君の遣はさなくに-に行きし荒雄ら沖に袖振る/万葉集 3860
差し出口をきくこと。 「 -する親ありて、思ひもぞつくとて、この女をほかへ追ひやらむとす/伊勢 40
でしゃばる・こと(さま)。 「まだ夜は深からむものを。葛城の神の-にや/狭衣 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賢しらの関連キーワード賢しら口接尾語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賢しらの関連情報