コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狡い コスイ

デジタル大辞泉の解説

こす・い【×狡い】

[形][文]こす・し[ク]
人を欺いて自分に有利に立ち回るさま。悪賢い。狡猾(こうかつ)である。ずるい。「―・いやり方」
けちだ。
「年のくれ互ひに―・き銭づかひ/野坡」〈炭俵
[派生]こすさ[名]

ずる・い【×狡い】

[形][文]ずる・し[ク]自分の利益を得たりするために、要領よく振る舞うさま。また、そういう性質であるさま。悪賢い。こすい。「―・いやり方」「―・く立ち回る」
[派生]ずるさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こすい【狡い】

( 形 ) [文] ク こす・し
利にさとくずるい。狡猾こうかつである。 「 - ・い奴」
けちである。 「年の暮互に-・き銭づかひ(野坡)/炭俵」
[派生] -さ ( 名 )

ずるい【狡い】

( 形 ) [文] ク ずる・し
〔近世以降の語〕
自分の利益のために、ごまかしてうまく立ち回る性質である。狡猾こうかつだ。こすい。 「 - ・い男だから油断はできない」
ふしだらだ。身持ちがわるい。 「たまにやあ-・いのもあるだらう/西洋道中膝栗毛 魯文
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狡いの関連キーワード身持ち派生ずる魯文

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android