コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あくどい あくどい

大辞林 第三版の解説

あくどい

( 形 ) [文] ク あくど・し
〔「あく」は灰汁あくの意、「どい」は接尾語。あくが強い、の意〕
色などがくどくて、いやな感じだ。どぎつい。 「立て看板の-・い絵」 「 - ・い化粧」
やり方が度を超していて、たちが悪い。 「 - ・い手口」 「 - ・い広告」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あくどいの関連キーワードルーカス サマラスバンダービルト網の目を潜る大正日日新聞アレティーノ麹屋伝兵衛えげつない紅筆おつた梅亭金鵞しぶといあざといあくどし接尾語手口春本毒手毒牙悪辣阿漕派生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あくどいの関連情報