コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏仁水 きょうにんすい

4件 の用語解説(杏仁水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杏仁水
きょうにんすい

バラ科のアンズ (杏) の種子 (薬方生薬の杏仁) を砕いて圧搾し,水蒸気蒸留してからエタノール,水を加えて調整したもの。無色ないしは微黄色透明な液体で,ベンズアルデヒド臭と特異な味がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうにん‐すい〔キヤウニン‐〕【×仁水】

杏仁油をとったあとの杏仁のかすに水を加え、蒸留して得られる無色透明の揮発性の液。独特の芳香があり、せき止め・うがい薬などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杏仁水【きょうにんすい】

アンズの種子からとる杏仁油を除いたものを水蒸気蒸留し,留液にアルコールと水を加えたもので,苦味があり,芳香がある。鎮咳(ちんがい)薬去痰薬として用いる。多量に服用すると青酸中毒をおこす。
→関連項目アンズ(杏)苦扁桃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きょうにんすい【杏仁水】

アンズ類の種子を乾燥させ、水を加えて蒸留してつくった水剤。微量のシアン化水素を含み、特異な芳香・味がある。鎮咳ちんがい薬・去痰きよたん薬などに使用。劇薬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杏仁水の関連キーワードアンズタケ杏子色杏茸杏梅ケアンズグループワイドアングルレンズあんずの里運動公園あんず油つみたて杏メイトー あんずのマスカルポーネ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杏仁水の関連情報