杏仁水(読み)きょうにんすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杏仁水
きょうにんすい

バラ科のアンズ (杏)種子 (薬方生薬の杏仁) を砕いて圧搾し,水蒸気蒸留してからエタノール,水を加えて調整したもの。無色ないしは微黄色透明な液体で,ベンズアルデヒド臭と特異な味がある。ベンズアルデヒドシアンヒドリンを含む。鎮咳,去痰のためにセネガシロップ,アンモニア・ウイキョウ精などと合剤にして内服する。大量の服用によりシアン (青酸) 中毒を起すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうにんすい【杏仁水】

アンズ類の種子を乾燥させ、水を加えて蒸留してつくった水剤。微量のシアン化水素を含み、特異な芳香・味がある。鎮咳ちんがい薬・去痰きよたん薬などに使用。劇薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうにん‐すい キャウニン‥【杏仁水】

〘名〙 杏仁に水を加え、蒸留してつくった薬液。芳香のある無色透明の揮発性の液で、咳、吐き気などに有効。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「今杏仁水でも飲めば四時前には屹度癒るに極って居るんだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android