いとど(読み)イトド

デジタル大辞泉の解説

いとど[名]

カマドウマの古名。 秋》「海士(あま)の屋は小海老(こえび)にまじる―かな/芭蕉

いとど[副]

[副]《副詞「いと」の重なった「いといと」の音変化という》
程度が以前よりもはなはだしいさま。いっそう。いよいよ。
「夕されば―干(ひ)がたきわが袖に秋の露さへ置き添はりつつ」〈古今・恋一〉
ただでさえ…なのにさらに。
「―鈍なやつめが茗荷(めうが)を食ひ、いよいよ鈍になって」〈狂言記・鈍根草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとど

昆虫カマドウマの別名。羽根がないので鳴かない。江戸時代、コオロギの一種とみなされた。エビコオロギ。 [季] 秋。 《 海士の屋は小海老にまじる-かな /芭蕉 》

いとど

( 副 )
〔「いといと」の転という〕
いよいよ。一層。ますます。 「 -ゆかしさまされど/更級」
ただでさえ…なのにさらに。そうでなくてさえ。 「 -鈍な奴めが茗荷を食ひ、いよいよ鈍になつて/狂言記・鈍根草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いとど

〘名〙 昆虫「かまどうま(竈馬)」の異名。《季・秋》
※俳諧・毛吹草(1638)二「八月〈略〉いとと こうろぎ かまきり」

いとど

〘副〙 (副詞「いと」の重なった「いといと」が変化したもの)
① 程度が更にはなはだしいさま。ますます。いよいよ。ひとしお。一段と。
※古今(905‐914)雑下・九七一「年をへてすみこしさとをいでていなばいとど深草野とやなりなむ〈在原業平〉」
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「側(はた)から附智恵がございますから、いとどおしゃべりになります」
② 事態がいっそうひどいことへの否定的な感情を表わす語。その上さらに(…のような事さえ加わり)。ただでさえ…なのにさらに。これ以上(…でありたくない)。
※大鏡(12C前)一「これは四十たりの子にて、いとど五月にさえむまれてむつかしきなり」
[語誌](1)「いといと」が一般に形容詞形容動詞を修飾するのに対して、「いとど」は動詞を修飾する機能を持つ。また「いとど」は中古の和歌に用例が多く見られ、雅語的な性格を有するが、「いといと」は和歌には用いられない。
(2)中世以降、「だに」「さへ」などの添加を示す助詞を伴なった用法が見られるようになる。一方、独立した形容詞としての「いとどし」を派生した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android