いなべ市(読み)いなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いなべ〔市〕
いなべ

三重県北部,員弁(いなべ) 川沿いにある市。 2003年 12月員弁大安藤原北勢の4町が合併して発足。名古屋圏域にあり,西で滋賀,北で岐阜の両県に接する。市名の「いなべ」は大宝律令に始まり,猪名氏が住んでいたことに由来する。西部を鈴鹿山脈,東部を養老山地が走り,山岳部は鈴鹿国定公園に属し,スキー場,ダム,渓谷など観光地化が進んでいる。丘陵や平地では米や茶の栽培,畜産などを行なってきたが,近年はセメント工業,金属加工業などが立地し,都市近郊のため宅地化が進行している。市の中央部を国道 365号線が南北に走り,306号線と 421号線が南部で交差する。西藤原駅は三岐鉄道三岐線終点,北勢の阿下喜駅は同三岐鉄道北勢線の終点である。面積 219.83km2(境界未定)。人口 4万5815(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いなべ市の関連情報