コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

員弁 いなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

員弁
いなべ

三重県北部,員弁川中流の東岸地域。旧町名。 1941年笠田,大泉原,大泉の3村が合併,町制。旧町名は郡名による。 2003年 12月,北勢大安藤原の3町と合併しいなべ市となった。米・麦作や養鶏,畜産なども行なわれるが,桑名市,四日市市への通勤圏内にあるため兼業化が進んでいる。金属加工業などの工場が立地。ゴルフ場も多い。近畿日本鉄道北勢線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いなべ

三重県北端の市。養老山地鈴鹿山脈の間、員弁(いなべ)川上流にある。平成15年(2003)北勢(ほくせい)町、員弁町、大安(だいあん)町、藤原町が合併して成立。人口4.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

員弁
いなべ

三重県北部、員弁郡にあった旧町名(員弁町(ちょう))。現在はいなべ市の東南部を占める一地域。1941年(昭和16)笠田(かさだ)、大泉原、大泉の3村が合併して町制施行。2003年(平成15)北勢(ほくせい)町、大安(だいあん)町、藤原(ふじわら)町と合併して市制施行、いなべ市となる。桑名(くわな)市の北西に位置する。いなべ市の中心をなし、市役所の所在地となっている。員弁の地名は古代からの郡名によった。笠田は『和名抄(わみょうしょう)』にも記載のある古い農村集落で、濃州街道に沿い、員弁川中流左岸の段丘に耕地が開ける。米作が中心で、丘陵地では茶が生産されている。国道421号、三岐(さんぎ)鉄道北勢線が桑名から通じ、近年、名古屋、桑名の都市化が及び、工業団地も造成され、鋳鍛造(ちゅうたんぞう)、機械などの工場が進出している。灌漑(かんがい)池、員弁大池は景勝地で、近隣からの行楽客を集める。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

員弁の関連キーワード三重県員弁郡東員町六把野新田三重県員弁郡東員町八幡新田三重県員弁郡東員町北大社三重県員弁郡東員町北山田三重県員弁郡東員町笹尾西桑名広域環境管理センター三重県員弁郡東員町笹尾東三重県員弁郡東員町瀬古泉三重県員弁郡東員町南大社三重県員弁郡東員町山田三重県員弁郡東員町長深三重県員弁郡東員町穴太三重県員弁郡東員町城山三重県員弁郡東員町中上三重県員弁郡東員町筑紫三重県員弁郡東員町鳥取三重県員弁郡東員町大木中日東員ロードレース三重県三重郡朝日町三重県三重郡川越町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

員弁の関連情報