コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北勢 ほくせい

2件 の用語解説(北勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北勢
ほくせい

三重県北端,養老山地西斜面,員弁 (いなべ) 川の上流にある地域。旧町名。 1955年阿下喜 (あげき) 町と十社村,山郷村が合体し成立。旧町名は伊勢国の北端に位置することによる。 2003年 12月,員弁大安藤原の3町と合併しいなべ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北勢
ほくせい

三重県最北端、員弁(いなべ)郡にあった旧町名(北勢町(ちょう))。現在はいなべ市の北部東側および中央西部を占める一地域。1955年(昭和30)阿下喜(あげき)町と十社(とやしろ)、山郷(やまさと)の2村が合併して成立。同年治田(はった)村を編入。2003年(平成15)員弁町、大安(だいあん)町、藤原(ふじわら)町と合併、市制施行していなべ市となる。北部と東部に岐阜県境の養老(ようろう)山地、西部に鈴鹿(すずか)山脈が迫り、その間を員弁川の河谷平野が広がる。員弁川左岸を三岐(さんぎ)鉄道北勢線、右岸を三岐線が走るほか、国道306号、365号が通じる。阿下喜は員弁川上流域の中心集落で、古くからの市場町である。米作、茶、サトイモ栽培などの農業が行われ、昭和40年代から金属工業などの工場が立地し、住宅地化も著しい。鈴鹿山脈藤原岳一帯は鈴鹿国定公園域で、山麓(さんろく)の多志田峡谷・青川峡谷は観光開発が進められている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北勢の関連キーワードいなべ員弁[町]三重県員弁郡員弁〈町〉三重県いなべ市員弁町宇野三重県いなべ市員弁町梅戸三重県いなべ市員弁町大木三重県いなべ市員弁町楚原三重県いなべ市員弁町平古三重県いなべ市員弁町御薗

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北勢の関連情報