コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えんぶり

2件 の用語解説(えんぶりの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

えんぶり

田の代(しろ)をかきならす農具。これを用いて行う青森県八戸(はちのへ)市周辺の新春予祝の舞の名称でもあり,これは田遊(たあそび)の風流(ふりゅう)化した芸能といえる。
→関連項目階上[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

えんぶり
えんぶり

福島、山形、宮城、岩手、青森の奥羽5県に伝わる正月の祝福芸の田植踊の一種。えんぶりとは、田の代(しろ)をならす用具の(えぶり)のことで、その作業の表現を中心にした命名であり、とくに青森県八戸(はちのへ)市を中心に三戸(さんのへ)郡、岩手県北上市、九戸(くのへ)郡方面に伝承している。八戸では、村々でえんぶり組をつくり、正月15日に領主から旦那衆(だんなしゅう)の家々を回って演じていたが、いまは2月17日の早朝に新羅(しんら)神社に参集し、20日まで市中の家々を回って演じている。頭役(かしらやく)の藤九郎(とうくろう)ほか4人の烏帽子(えぼし)をかぶった大夫(たゆう)を主体に、笛、太鼓、銅拍子(どうびょうし)で囃(はや)し、田植のえぶりさしの技のほか、えびす舞、大黒舞(だいこくまい)、万歳を演じる。えんぶり組は明治初期には120組もあったが、いまは約30組に減少している。八戸のえんぶりは国の重要無形民俗文化財に指定されている。[新井恒易]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えんぶりの関連キーワードえぶりこ柴杷ぶりぶり前振り古振り餌畚柄振板朳摺り添文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

えんぶりの関連情報