おいそれ(読み)オイソレ

デジタル大辞泉の解説

おい‐それ

[名・形動]《感動詞「おい」に代名詞「それ」が付いてできた語。「おい」と呼ばれ、直ちに「それ」と応じる意から》簡単に応じること。即座に物事が行われること。また、そのさま。
「菊見の催頗(すこぶ)る妙だが、―というも不見識と思ったか」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいそれ

〔「おい」と言われて「それ」と即座に応じる意〕
すぐさま応じること。 「 -の間にぱらりだ/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android