コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其れ ソレ

デジタル大辞泉の解説

それ【×其れ】

[代]
中称の指示代名詞。
㋐聞き手が持っている物、または、聞き手のそばにある物をさす。そのもの。「ちょっと其れを見せてください」
㋑聞き手がいま話題にしたばかりの事物などをさす。そのこと。そのもの。「其れはいつの話ですか」「ああ、其れならお隣です」
㋒聞き手が当面している事柄をさす。そのこと。「其れが済んだら、早く寝なさいよ」
㋓親しい関係にある聞き手のそばにいる人をさす。その人。「へえ、其れがおまえの兄貴か」
㋔聞き手が現にいる場所をさす。そこ。
「そなたは―にお待ちやれ」〈虎明狂・今参〉
二人称の人代名詞。聞き手に対する敬意をこめて用いる。あなた。
「―はさこそおぼすらめども、己は…とは思ひ侍らず」〈徒然・一四一〉
[感]人に注意を促すときなどに発する語。そら。ほら。「其れ見なさい」「其れ行け」
[接](「夫れ」とも書く)《漢文の「夫」の訓読から》文頭に用いて語調を整える語。そもそも。いったい。
「―山伏と言っぱ、役(えん)の行者のあとを継ぎ」〈虎清狂・蟹山伏
[アクセント]はソレ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

それ【其れ】

( 代 )
中称の指示代名詞。
話し手からは少し離れていて、聞き手の方に近いと考えられる物事を指し示す。 「あれじゃない、-だ」 「君のわきにある、そう、-だ」
話し手が聞き手と共通の話題としてとり上げたり、今述べられたりした物事を指し示す。 「 -とこれとは話が別だ」 「 -は-として」
話し手が、聞き手と共通の話題にしている時を指し示す。 「 -以来つきあっていない」 「 -までは旧式の機械を使っていた」
直前に出た言葉を、すぐ次に繰り返す代わりに用いる語。 「ヘーゲルの弁証法とマルクスの-とは全く似て非なるものだ」
直前に話題にした人。その人。 「その時の女御、多賀幾子と申すみまそがりけり。-うせたまひて/伊勢 77
人代名詞。二人称。あなた。おまえ。 「 -はさこそ思すらめども、おのれは都に久しく住みて/徒然 141
不定の指示代名詞。事物の名を伏せていうときなどに用いる。 「 -の年の師走の二十一日の戌の時に/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

其れの関連キーワード其れにも拘わらず其れに引き替えて其れは其れとして其れから其れへと其れはさておき其れにつけても其れも其のはず其れはともあれ其れから其れと其れというのも其れと無しに十指の指す所其れはそうと其れは其れは其れや此れや其れもそうだ其れはないちょこりん其れ許りかおべっかる

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

其れの関連情報