其れ(読み)ソレ

  • ×其れ

デジタル大辞泉の解説

[代]
中称の指示代名詞。
㋐聞き手が持っている物、または、聞き手のそばにある物をさす。そのもの。「ちょっと其れを見せてください」
㋑聞き手がいま話題にしたばかりの事物などをさす。そのこと。そのもの。「其れはいつの話ですか」「ああ、其れならお隣です」
㋒聞き手が当面している事柄をさす。そのこと。「其れが済んだら、早く寝なさいよ」
㋓親しい関係にある聞き手のそばにいる人をさす。その人。「へえ、其れがおまえの兄貴か」
㋔聞き手が現にいる場所をさす。そこ。
「そなたは―にお待ちやれ」〈虎明狂・今参〉
二人称の人代名詞。聞き手に対する敬意をこめて用いる。あなた。
「―はさこそおぼすらめども、己は…とは思ひ侍らず」〈徒然・一四一〉
[感]人に注意を促すときなどに発する語。そら。ほら。「其れ見なさい」「其れ行け」
[接](「夫れ」とも書く)《漢文の「夫」の訓読から》文頭に用いて語調を整える語。そもそも。いったい。
「―山伏と言っぱ、役(えん)の行者のあとを継ぎ」〈虎清狂・蟹山伏
[アクセント]はソレ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

中称の指示代名詞。
話し手からは少し離れていて、聞き手の方に近いと考えられる物事を指し示す。 あれじゃない、-だ 君のわきにある、そう、-だ
話し手が聞き手と共通の話題としてとり上げたり、今述べられたりした物事を指し示す。 -とこれとは話が別だ -は-として
話し手が、聞き手と共通の話題にしている時を指し示す。 -以来つきあっていない -までは旧式の機械を使っていた
直前に出た言葉を、すぐ次に繰り返す代わりに用いる語。 ヘーゲルの弁証法とマルクスの-とは全く似て非なるものだ
直前に話題にした人。その人。 その時の女御、多賀幾子と申すみまそがりけり。-うせたまひて/伊勢 77
人代名詞。二人称。あなた。おまえ。 -はさこそ思すらめども、おのれは都に久しく住みて/徒然 141
不定の指示代名詞。事物の名を伏せていうときなどに用いる。 -の年の師走の二十一日の戌の時に/土左

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

其れの関連情報