其れ(読み)ソレ

デジタル大辞泉「其れ」の解説

それ【×其れ】

[代]
中称の指示代名詞。
㋐聞き手が持っている物、または、聞き手のそばにある物をさす。そのもの。「ちょっと其れを見せてください」
㋑聞き手がいま話題にしたばかりの事物などをさす。そのこと。そのもの。「其れはいつの話ですか」「ああ、其れならお隣です」
㋒聞き手が当面している事柄をさす。そのこと。「其れが済んだら、早く寝なさいよ」
㋓親しい関係にある聞き手のそばにいる人をさす。その人。「へえ、其れがおまえの兄貴か」
㋔聞き手が現にいる場所をさす。そこ。
「そなたは―にお待ちやれ」〈虎明狂・今参〉
二人称の人代名詞。聞き手に対する敬意をこめて用いる。あなた。
「―はさこそおぼすらめども、己は…とは思ひ侍らず」〈徒然・一四一〉
[感]人に注意を促すときなどに発する語。そら。ほら。「其れ見なさい」「其れ行け」
[接](「夫れ」とも書く)《漢文の「夫」の訓読から》文頭に用いて語調を整える語。そもそも。いったい。
「―山伏と言っぱ、えん行者のあとを継ぎ」〈虎清狂・蟹山伏
[アクセント]はソレ。
[類語]これあれどれこのそのあのどのかの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android