コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おちょぼ オチョボ

デジタル大辞泉の解説

お‐ちょぼ

《「ちょぼ」は小さい意》江戸時代、かわいらしい少女につけた名。また、かわいいおぼこ娘。
江戸後期、京都・大坂揚屋・茶屋などで、遊女芸者の供や呼び迎えなどをした15、6歳までの少女。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おちょぼ

〔「ちょぼ」は小さい意〕
(江戸後期、京坂地方で)揚屋・茶屋などにいて娼妓の用を足す十三、四歳の少女。小女郎こめろ
「おちょぼ口」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おちょぼの関連キーワード小川 照(3代目)御壺口・御壷口愛知県名古屋市おちょぼ口壺口・壷口海津(市)ちょぼ口松江姉様江戸時代野口愛美小女郎御壺口壺口娼妓十三

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おちょぼの関連情報