コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おとめ座銀河団 おとめざぎんがだん Virgo cluster of galaxies

2件 の用語解説(おとめ座銀河団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おとめ座銀河団
おとめざぎんがだん
Virgo cluster of galaxies

銀河の集団である銀河団のうち,最も地球の近くにあり大規模なもの。おとめ座北西部の直径約 12°の天域に約 2500の銀河がみられる。平均の視線速度は 1150 km/s,銀河団までの距離は約 5000万光年,実際の直径は 1200万~1500万光年と推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おとめ座銀河団
おとめざぎんがだん

おとめ座にある銀河団。地球からこの銀河団中心までの距離は約6000万光年で、奥行き方向に4000万光年から9800万光年まで広がっている。1000個から2000個ほどの銀河で構成されていて、銀河団の中心部にはM87という巨大楕円(だえん)銀河がある。この銀河団では渦巻銀河(渦状(かじょう)銀河)と楕円銀河がほぼ同数あり、まだ進化途上の銀河団と思われる。実視等級は9.4等、視直径は10度程度。おとめ座の北部にあり、小望遠鏡を使うと、たくさんの銀河を見ることができる。6月初旬の午後7時ころには南東の空に、午後9時ころに南西の空に見える。
 おとめ座銀河団を中心に銀河の巨大集団である局部超銀河団が形成されていて、天の川銀河(銀河系)が属する局部銀河群は局部超銀河団のはじに位置している。局部銀河群は、おとめ座銀河団のほうに引かれていて、将来おとめ座銀河団と合体すると思われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のおとめ座銀河団の言及

【おとめ座(乙女座)】より

…Y字の中央のγ星は3.7等,スペクトル型F0で黄白色の美しい二重星である。この天域には,銀河の集団である銀河団のうち,もっとも大規模なものとして知られるおとめ座銀河団があり,13.3等より明るいものだけで約150個,15.5等まででは数千個に達する。概略位置は赤経13h20m,赤緯-2゜。…

※「おとめ座銀河団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おとめ座銀河団の関連キーワード種族銀河団銀河群銀河南極銀河の極銀河北極乙女座超銀河団円盤銀河エイベルのリッチネス階銀河のハッブル分類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone