コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おわら風の盆 おわらかぜのぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おわら風の盆
おわらかぜのぼん

富山県富山市南西部の八尾で 9月1~3日,町をあげて行なわれる祭り。風の盆二百十日に風の害にあわず豊作となることを祈る行事で,盆踊の一種のおわら踊で風の神をしずめるという意味があるとされる。踊りは八尾の旧町と呼ばれる 11町内が行ない,それぞれに決めた順路で輪踊りと町流しがある。男はそろいの法被ももひき,女は町内ごとのそろいのゆかた編笠をかぶり,三味線胡弓太鼓尺八などの囃子に合わせて踊る。「二百十日に風さえ吹かにゃ/早稲の米喰て/オワラ踊ります」と,哀愁に満ちた曲調と美しい振りに,全国から観光客が集まる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おわら‐かぜのぼん〔をはら‐〕【おわら風の盆】

富山市八尾(やつお)地区で、毎年9月1日から3日にかけて行われる行事。二百十日にあたる時期に風神鎮魂と豊作を願うもので、編み笠姿で越中おわら節に合わせ踊る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

おわら風の盆の関連キーワード風の殺意・おわら風の盆富山県富山市こきりこ祭り風の盆恋唄風の盆恋歌おわら娘仁科克基

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おわら風の盆の関連情報