おわら風の盆(読み)おわらかぜのぼん

  • おわらかぜのぼん〔をはら〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山県富山市南西部の八尾で 9月1~3日,町をあげて行なわれる祭り。風の盆二百十日に風の害にあわず豊作となることを祈る行事で,盆踊の一種のおわら踊で風の神をしずめるという意味があるとされる。踊りは八尾の旧町と呼ばれる 11町内が行ない,それぞれに決めた順路で輪踊りと町流しがある。男はそろいの法被ももひき,女は町内ごとのそろいのゆかたに編笠をかぶり三味線胡弓太鼓尺八などの囃子に合わせて踊る。「二百十日に風さえ吹かにゃ/早稲の米喰て/オワラ踊ります」と,哀愁に満ちた曲調と美しい振りに,全国から観光客が集まる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おわら風の盆の関連情報