越中おわら節(読み)エッチュウオワラブシ

世界大百科事典 第2版の解説

えっちゅうおわらぶし【越中おわら節】

富山県婦負(ねい)郡八尾(やつお)町で毎年9月1日から3日間行われる〈風の盆〉にうたわれる歌。〈風の盆〉は豊年を祈って風の神を鎮める祭。3日間町中は《越中おわら節》の総出の踊りに明け暮れする。歌詞中に曲目名の由来でもある〈オワラ〉というはやしことばを伴い,かん高いうたい出しで,うたいこなすのがむずかしい。伴奏の胡弓の音がよくマッチし,踊りの振りも美しい。【仲井 幸二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えっちゅうおわらぶし【越中おわら節】

〔「おわら」は囃子詞はやしことば
富山県富山市八尾やつお町の民謡で、盆踊り唄。源流は日本海沿岸の酒席の騒ぎ唄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越中おわら節の関連情報