コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八尾 やつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八尾
やつお

富山県中部,富山市南西部の旧町域。飛騨山地の北斜面に位置する。1953年八尾町(1889町制)と保内村,杉原村,卯花村,室牧村の 4村が合体,さらに 1957年野積村,仁歩村,大長谷村の 3村と合体。2005年富山市,大沢野町,大山町,婦中町,山田村,細入村と合体して富山市となった。南は岐阜県に接し,神通川支流の井田川の上・中流域を占める。中心地区は井田川の谷口にあり,聞名寺の門前町で,古くから蚕種,繭,生糸,和紙,薬草の集散地としてにぎわった。伝統の八尾和紙および和紙加工民芸品の製造が盛んである。ほかに米,野菜を産し,畜産,酪農,林業も行なわれる。サクラの名所城ヶ山公園や聞名寺などの名刹があり,本法寺の法華経曼荼羅図 21幅は国の重要文化財。毎年 9月1~3日のおわら風の盆には民謡『越中おわら節』と踊りでにぎわう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やお〔やを〕【八尾】

大阪府中部の市。大阪市の東に隣接し、住宅地軽工業も行われる。大信寺(だいしんじ)・久宝寺(きゅうほうじ)の寺内町として発展。人口26.9万(2010)。

やお【八尾】[狂言]

狂言。罪人六道の辻閻魔(えんま)に会い、地獄へ落とされそうになるが、八尾地蔵からの手紙を見せて、極楽浄土へ送られる。

やつ‐お〔‐を〕【八尾】

富山県富山市南部を占める地域。旧婦負(ねい)郡八尾町。例年9月1日~3日に伝統行事「おわら風の盆」が行われる。また、八幡社の曳山(ひきやま)神事も有名。付近に越中八尾温泉など多くの温泉地がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やお【八尾】

大阪府東部の市。大阪市の東に隣接する住宅地、工業用地として発達。中心市街地は大信寺(八尾御坊)、顕証寺(久宝寺御坊)の寺内町として発展。八尾地蔵堂で知られる常光寺がある。

やお【八尾】

狂言の一。死んだ男が六道の辻で閻魔えんまに会う。閻魔はこれを地獄へ連れ去ろうとするが、八尾地蔵からの依頼文をみて極楽まで送る。

やつお【八尾】

富山県南部、富山市の地名。和紙製品を特産。9月1~3日は「風の盆」といい、越中おわら節による夜を徹しての盆踊りが行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八尾の関連キーワード大阪府八尾市東山本新町大阪府八尾市福万寺町北大阪府八尾市山本高安町大阪府八尾市跡部北の町大阪府八尾市南小阪合町大阪府八尾市上之島町南大阪府八尾市福万寺町南大阪府八尾市上之島町北大阪府八尾市跡部南の町大阪府八尾市八尾木東大阪府八尾市南太子堂大阪府八尾市太田新町大阪府八尾市小阪合町大阪府八尾市跡部本町大阪府八尾市南久宝寺大阪府八尾市高安町南大阪府八尾市高安町北大阪府八尾市南植松町大阪府八尾市南亀井町大阪府八尾市東山本町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八尾の関連情報