コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法被 はっぴ

4件 の用語解説(法被の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法被
はっぴ

江戸時代,武家の仲間 (ちゅうげん) ,駕籠かき,大家の下僕,職人などが着た表着の一種。元来は広袖で膝丈の袷仕立てのもので,色は縹 (はなだ) 色や茶色の無地が多い。六尺看板ともいったが,これは駕籠かきの裄 (ゆき) 丈が6尺であることから彼らを俗に六尺と呼んだこと,および主家の紋所をつけたのを商家の看板に見立てたことによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっ‐ぴ【法被/半被】

《「はふひ(法被)」または「はんぴ(半臂)」の音変化》
和服の上着の一種。広袖筒袖で、膝丈または腰丈。襟は折り返さないで着る。職人などが用いる。江戸時代は、武家の中間(ちゅうげん)、大店の下僕などが家紋のついたものを、襟を羽織のように折り返して着用した。印半纏(しるしばんてん)。
禅寺で、椅子の背に掛ける布。
能装束の一。胸ひものない広袖の上着。甲冑(かっちゅう)武者や鬼畜などの役に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法被【はっぴ】

衣服の上に着る短衣。羽織に似ているが衿(えり)が折り返らず,襠(まち)がない。袖(そで)は広袖が多い。木綿,麻などで作り,背に大きな紋をつける。もとは下級武士なども用いたが,現在は職人が着用したり祭礼のときに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっぴ【法被】

衣服の上に着る短衣で,羽織に似ているが襟は折り返っていない。袢纏(はんてん)と似ているので,それと混同されることが多いが,法被は下級の武士も用いることがあり,絆纏より格が高い。袖は多く広袖で,絆纏より袖丈が長くできている。通常,胸に乳(ち)がついていてひもをつけるようになっている。木綿,麻でつくり,ときには皮でできたものもある。背に紋がついているが,染抜きのほか,ひもを置縫いしたものもある。紋のついた法被を看板という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法被の関連情報